• Jivaro

Jivaro – 寄生リダクション

寄生リダクションによるSPICEシミュレーションの高速化

Jivaroは、寄生ネットワークのリダクションに特化したユニークなスタンドアロン・ソリューションです。高い精度を維持しつつ、大規模な寄生素子が抽出された回路のポスト・レイアウト・SPICEシミュレーションを行うバックエンド検証チームのシミュレーション時間の短縮に役立ちます。

Jivaroは、高い精度を保ちながら、回路シミュレーションを最大15倍高速化することが実証されています。65nmから5nmまでのテクノロジー・ノードにおいて、世界中の主要なIDMおよびファブレス企業で採用されています。Jivaroは、特許取得済みの数学的アプローチを適用してModel Order Reduction(MOR)を実行し、寄生素子の複雑さを軽減します。ルールベースの手法とは対照的に、Jivaroでは、設計者が精度と削減効果をトレードオフできるようになっており、お客様がその効果をコントロールすることができます。

Jivaro Reduction Flow

Jivaroは、使用する抽出ツールやシミュレーション・ツールに依存することなく、あらゆる設計フローに直接プラグインすることができます。

30以上のパラメータがあり、速度や精度の結果を幅広く制御することができます。素早い実装と使いやすさを実現するために、設計環境に適応して最適化する「自動モード」機能を搭載しています。

デザインの異なる部分に異なるしきい値を適用することで、リダクションを最適化することができます。また、アクティブデバイス数のリダクションによりMOR以上の効果を得ることができ、パワーネットを含むすべてのネットリストタイプに対応できます。

Jivaro SPICE Simulation Acceleration

おもな特長

  • R、RC、RCC、RLC、RLCK、電流源に対応
  • DSPF、SPEF、SPICE3、HSPICE、SPECTRE、CalibreView、OAデータベースに対応
  • 温度依存型寄生ネットワークおよびマルチコーナ寄生抽出ネットリストのリダクションが可能
  • 階層内の選択されたネット、サブサーキットまたはパスによって異なる設定を適用可能
  • マルチ・フィンガー・アクティブ・デバイスのマージ
  • 負性抵抗に対応
  • リダクション・オプションを試行するグラフィック・ユーザ・インタフェース、またはバッチ実行におけるインライン・バイナリ
  • すべての主なEDAツールに対応

利点

  • ポストレイアウトSPICEシミュレーションを最大15倍高速化
  • 1%未満の精度を維持
  • 最大規模または不可能なシミュレーションを実現
  • シミュレーションにパワーネットとメタルフィルを含めることで精度の向上が可能
  • 自動モードにより、既存のフローに簡単にプラグアンドプレイ可能
  • 目的に合わせてリダクションをカスタマイズ