• Automotive

オートモーティブ・ソリューション

現在の自動車は、最新の電子システムが搭載された高度なプラットフォームです。目的が電気自動車およびハイブリッド自動車の駆動系、または室内の制御およびセンサ・ネットワークのいずれでも、シルバコの実績あるソリューションが車載デザインを成功に導きます。

車載パワー・エレクトロニクスについては、シルバコのパワー・デバイス・ソリューションにより、新しい半導体デバイスや回路を開発することができます。

車載デジタル・ディスプレイについては、ディスプレイ・デザイン・ソリューションにより、OLED、TFT、LCD、およびMicroLEDデザインの開発が成功しています。

シルバコは、車載SoCおよび制御システムについて、アナログ・カスタム・デザインEDAソフトウェアとともに何百万ものアプリケーションに採用されてきた実績のある設計IPを提供します。

次世代自動車の新機能の要件を満たすために、車載エレクトロニクスの数が大幅に増えて複雑さも増しています。たとえば、新しい自動車には、高度なGUI、音声認識、そして直感的なタッチ・スクリーン機能があります。ドライバ・インタラクションに加えて、電子制御システムが自動車の運転や停止をアシストします。これが、車載ネットワーク(IVN)半導体市場の大幅な成長をけん引しています。

車載電子制御ユニット(ECU)の例

車載電子制御ユニット(ECU)は、エンジン、インフォテインメント・システム、および新しい先進運転支援システム(ADAS)に関する自動車の機能を制御する組み込みシステムです。これらのユニットが、自動車を経由して分配されます。ECUは、インストールされたセンサ、アンテナ、および駆動系コンポーネントから受けとったデータを使用します。メインECUのサブセグメントは、安全装置、駆動系、車載オーディオ&ビデオ、シャシ・システム、およびボディ・エレクトロニクスです。

車載ネットワーク・タイプ、プロトコル、およびアプリケーション

自動車内で使用されるIVNネットワーク・タイプおよびプロトコルは、さまざまな製造業者から複数提供されています。FlexCAN-FDは、Controller Area Network(CAN)を拡張する組み込みネットワーク・アーキテクチャです。これはCANと似ていますが、決定論的動作を行う優れた機能により自動車制御アプリケーションの信頼性を向上します。CANは、車載コンポーネントを相互接続する低価格な低速シリアル・バスです。LIN(Local Interconnect Network)は、非常に低価格な車載サブ・ネットワークを提供します。FlexRayは、安全を最重視すべき機能に向けた汎用の高速プロトコルです。

CANおよびLINプロトコルは、業界で最も採用されています。LINは、ドアロック、クライメイト、シートベルト、およびサンルーフなど最新自動車の機能を低価格で拡張する上でますます重要な役割を果たしています。LINおよびCAN-FDバス・クラスタは、現在の自動車への機能に対する増え続ける要求に対する低コスト・ソリューションとして、引き続き重要です。しかし、いずれもサイバ・セキュリティの懸念があり、潜在的リスクを解決できないことに注意する必要があります。

シルバコの車載ネットワークIPポートフォリオ

シルバコは、NXP、Infineon、およびSamsung Foundryを含む大手半導体企業が提供するシリコン・プルーブンで高い価値を持つIPの販売およびサポートを行っています。設計IPはすべてパッケージ化されており使いやすくなっています。現在は、以下の設計IPを提供しています。

  • 車載コントローラ – シルバコは、Infineon、NXP、およびTIと提携し、CAN、Lin、およびFlexRay、MIPI I3C、USB2、および汎用デバイスを含むシリコン・プルーブンのコントローラを提供しています。
  • AMBAコア・スイート – AMBAインフラストラクチャ、およびAHB、APB、およびAXIプロトコルをカバーします。
  • 組み込みプロセッサ – 広範なColdFire IPにより、ColdFireアーキテクチャで利用可能な開発リソースの大規模なエコシステムの恩恵を受けながら、コストやパフォーマンスの要件に対するベストなソリューションを選択できる柔軟性を提供します。
  • サブシステム/プラットフォーム – 我々は当初から製品開発の成功に欠かせないエンド・システムに焦点を当ててきました。AMBAサブシステムは検証済みコンポーネントをすべて提供するため、新しい車載アプリケーションを迅速に構築することができます。
  • セキュリティ・コア – シルバコのセキュリティ・コアは、Samsung Foundry向けの広範なモバイル、IoT、および車載SoCデバイスをターゲットとしています。セキュア・ブートおよびランタイム・インテグリティ・チェック、リモート・オーセンティケーションおよびアテステーション、および対称・非対称暗号化アルゴリズム向けハードウェア加速などのセキュリティ・サービスで主システム・プロセッサを補完します。