• Webinars

Learn How Silvaco Flow Helps Designing and Simulating Pixel Arrays in Flat Panel Displays and Detectors

June 30 webinarフラットパネル・ディスプレイやディテクタの設計者は、多くの場合、異なるEDAベンダのさまざまなポイント・ツールを使用しているため、設計フローが不連続で、統合が困難です。これらの課題は、特定の高度なディスプレイ・テクノロジーの要件とともに、シルバコ独自のシームレスなTCAD-EDAフローによって解決できます。

本ウェビナーでは、ディスプレイおよびディテクタの大手企業が、シルバコのツールの機能を活用して、回路図およびレイアウトの編集、最新の TFT技術で必要となる非常に正確なフィールド・ソルバ・ベースの寄生抽出、寄生RC素子のネットリストへのバックアノテーション、大規模なピクセル・アレイの高速かつ正確なSPICEシミュレーションを実現している事例をご紹介します。

内容

  • FPD・ディテクタ設計の課題
  • シルバコのTCADからEDAへのシームレスな設計フローを採用したピクセル・アレイの設計とシミュレーション
  • フィールド・ソルバによる寄生素子抽出

プレゼンタ

Stefano PettazziStefano Pettazzi, Senior Applications Engineer, Silvaco, Inc.
Stefano Pettazziは、イタリアのパヴィア大学で電気電子工学の修士号を取得しました。EDAとマイクロエレクトロニクスの企業で20年以上の経験を有します。2012年より、シルバコのシニア・アプリケーション・エンジニアとして、バックエンドとフロントエンドの設計フローのEDAソフトウェアをサポートしています。

対象:

回路シミュレーション分野のディスプレイ設計者、アナログ回路設計者、CAD・SoC設計エンジニア、プロダクトマネージャ、エンジニア管理者。

[日本時間] 
開催日: 2022年7月1日 
配信: オンライン 
開催時間: 2:00-2:30 JST 
言語: 英語 

Register!