• Hipex & Victory RCx Pro

Hipex / Victory RCx Pro 寄生素子抽出

シルバコは、ルール・ベースとフィールド・ソルバ・ベースの寄生RC抽出ソフトウェアを提供しています。

フルチップ・ルール・ベース寄生RC抽出

Hipex™は、階層レイアウトからの寄生容量と寄生抵抗の抽出を高精度かつ高速に実現するソリューションで、アナログ、ミックスドシグナル、メモリIC、SoCの設計に適しています。 シルバコのアナログ・カスタム・デザイン・フローを構成するツールの1つであり、シルバコのExpertレイアウト・エディタと緊密に連携して、DRC/LVS検証から寄生RC抽出までの統合デザイン・フローを実現します。

Hipexは、GDSII、セル・ネットリスト、およびルール・ベースのテクノロジ・ファイルに対応しており、レイアウトからの寄生抵抗と寄生容量の値を高精度で抽出することができます。また、フルチップ、指定したネットまたはノードに対して抽出を実行し、抽出した寄生RCを含む回路図ネットリストにバックアノテートすることが可能です。

Hipexのデバイス抽出機能は、元のレイアウト階層が保持された階層ネットリストを生成でき、スタンダード・デバイスおよびユーザ定義のパラメタライズド・デバイスを含む幅広いデバイスをサポートしています。配線のショートやオープン、あるいは未接続のデバイスを検出するERC (電気的ルール・チェック)機能も備えています。

複数のサーバを使用した効率的な並列処理が可能なHipexは、大規模なフルチップ・デザインのための高速処理とメモリ使用量の効率化を実現します。

フィールド・ソルバ・ベース寄生RC抽出

シルバコは、Victory RCx ProとHipex-FSという2つのフィールド・ソルバ寄生 RC 抽出ツールを提供しています。

Hipex-FSは、Victory RCx Proと同じ物理ソルバを利用した3Dフィールド・ソルバ・ベースのRC抽出を行いますが、シルバコのExpertレイアウト・エディタを介して動作する、ユーザ・フレンドリなツールです。

Victory RCx Proは、TCADライクなスクリプト・ベースの抵抗・容量フィールド・ソルバで、任意の3D形状の構造を扱うことが可能なため、セル・レイアウトからの高精度な抽出に最適です。

Victory RCx Proは、リアルなエッチング/デポジション・モデルなどを備えた高い汎用性を誇る高精度RC抽出ツールで、複雑な配線セルであっても高い生産性を実現することができます。Victory RCx Proに搭載されたAMR機能を局所的に実行することで、目標とする精度を実現できます。また、Victory RCx Proは自由度のあるメッシュに対し必要に応じて自動的に細分化法を使用するため、メッシュの精度を最大化することができます。

利点

  • デザインの規模や複雑さに応じた複数のオプション
  • 複雑な3次元構造を正確に作成し、より高精度なRC抽出を実現
  • 精度を制御することで、最適な実行時間が実現可能
  • 汎用性の高いSPICEネットリスト形式での出力

用途

  • アドバンスドCMOS、FinFET、SOI、バルクCMOS
  • ディスプレイTFT、LCD、タッチパネル

関連資料


2022 TCAD Baseline Release



関連動画

ニュース

Accelerating Design with the Victory TCAD Suite

TCAD Simulations of RF-SOI Switches with Trap-Rich Substrate

お客様の声

四戸孝氏
 当社は全く新しい独自の製法により酸化ガリウムデバイスの開発を行っています。このような新規デバイスの開発を効率よく進めるにはデバイス・シミュレーションの活用が重要になってきます。今回シルバコのデバイス・シミュレータを採用するにあたり、シルバコの持つワイドバンドギャップ半導体に対する豊富な実績、パワーデバイスに対する深い知見が決め手となりました。今後の実用化に向けてGaO™パワーデバイスの開発が一層進んで行くものと期待しています。 
Coby Hanoch
 シルバコは、半導体企業で広く使用されている最先端デバイス・モデルおよびTCADツールを提供しています。我々の共同開発が成功したことにより、業界で最も強力なシミュレーション・ツール上で、WeebitのReRAMテクノロジにアクセスすることが容易になります。お客様は、新しく開発されたTCADモデルにより、製造においてコストと時間のかかる処理を省略しながら、次世代製品の開発およびリリースを速めることが可能となります。習得、開発、テストといった数ヶ月もの時間がかかるサイクルが今ではなくなりました。このことは、Weebitによるもう1つの重要なマイルストーンであり、より多くのグローバルなOEMカスタマの採用を加速します。