• Victory Mesh

Victory Mesh メッシュ生成/再生成 ソリッド・モデリング

Victory Meshは、ソリッド・モデリング機能による2次元および3次元構造の新規作成だけでなく、既存の構造モデルに対してメッシュ生成やメッシュ・リファインを行う強力な機能を提供します。代表的な使用法は、Victory Processから出力された形状データやドーピング・データを入力として取り込み、Victory DeviceやCleverの3次元寄生素子抽出に最適な、細分化されたメッシュを生成することです。また、Victory Meshのソリッド・モデリング機能を使用して、既存デバイスを変形したり、一から新しい構造を作成したりすることもできます。

利点

  • デバイス・シミュレーションやRC寄生素子抽出の入力として、2次元または3次元構造のメッシュを最適化
  • Crop (切り抜き)、Slice (切断)、Mirror (ミラー反転) など、既存のデバイスを変形
  • ユーザ定義に基づく自動メッシュ・リファイン
  • ソリッド・モデリング技術によって2次元または3次元デバイス・モデルを生成

用途

  • アドバンスドCMOS:バルクCMOS、PDSOI、FDSOI、FinFET
  • パワー&RF:BCD、パワー・ダイオード、IGBT、サイリスタ、GaN HEMT、SiC DMOS、SiC LMOSなど
  • ディスプレイ:アモルファスおよびPoly-Si TFT、IGZO TFT、LED、OLED、マイクロLED
  • オプト・エレクトロニクス:CCD、CMOSイメージ・センサ、アバランシェ・フォトダイオード、PiNフォトダイオード、太陽電池

関連資料




関連動画

ニュース

お客様の声

Coby Hanoch
 シルバコは、半導体企業で広く使用されている最先端デバイス・モデルおよびTCADツールを提供しています。我々の共同開発が成功したことにより、業界で最も強力なシミュレーション・ツール上で、WeebitのReRAMテクノロジにアクセスすることが容易になります。お客様は、新しく開発されたTCADモデルにより、製造においてコストと時間のかかる処理を省略しながら、次世代製品の開発およびリリースを速めることが可能となります。習得、開発、テストといった数ヶ月もの時間がかかるサイクルが今ではなくなりました。このことは、Weebitによるもう1つの重要なマイルストーンであり、より多くのグローバルなOEMカスタマの採用を加速します。 
四戸孝氏
 当社は全く新しい独自の製法により酸化ガリウムデバイスの開発を行っています。このような新規デバイスの開発を効率よく進めるにはデバイス・シミュレーションの活用が重要になってきます。今回シルバコのデバイス・シミュレータを採用するにあたり、シルバコの持つワイドバンドギャップ半導体に対する豊富な実績、パワーデバイスに対する深い知見が決め手となりました。今後の実用化に向けてGaO™パワーデバイスの開発が一層進んで行くものと期待しています。