• Victory Atomistic

Victory Atomistic デバイス/ナノ構造 シミュレータ

ナノテクノロジ製品は、先進の量子力学的効果を計算します。Victory Atomisticは、ひずみ緩和、フォノン・モード、タイトバインディング・モデルを使用した電子構造、セルフコンシステントなシュレディンガ-ポアソン方程式、量子輸送のようなナノ構造特性の領域で、量子ソリューションおよび半古典とのハイブリッド・ソリューションの提供を目指しています

シルバコのパデュー大学との提携についてはこちらをご覧ください。

利点

  • 数個から数百万原子による構造まで拡張可能
  • セルフコンシステントなシュレディンガ-ポアソン・ソルバにより、原子レベルでのデバイス動作について、第1原理による理解が可能
  • 非平衡グリーン関数 (NEGF) ソルバにより、干渉および非干渉性散乱機構を含むI(V) 特性の高精度シミュレーションを実行
  • Mode-SpaceおよびBüttikerプローブなどの高度な最適化技術により計算にかかる負荷を低減
  • 結果を容易にTCADシミュレーションに入力することができ、古典および半古典的TCADシミュレーション・モデルに、十分調整されたパラメータを与えることが可能

用途

  • 先端CMOS、TFET
  • TMDなどの新材料を含む2次元材料デバイス
  • 量子ドットや量子井戸などの量子閉じ込めデバイス
  • FinFET、量子細線やスラブ構造における散乱効果を含む電子輸送
  • LEDを含む光学デバイス
  • トポロジカル絶縁体の研究
  • 試行的な新デバイス構造

関連資料




関連動画

ニュース