• Victory Atomistic

Victory Atomistic デバイス/ナノ構造 シミュレータ

ナノテクノロジ製品は、先進の量子力学的効果を計算します。Victory Atomisticは、ひずみ緩和、フォノン・モード、タイトバインディング・モデルを使用した電子構造、セルフコンシステントなシュレディンガ-ポアソン方程式、量子輸送のようなナノ構造特性の領域で、量子ソリューションおよび半古典とのハイブリッド・ソリューションの提供を目指しています

シルバコのパデュー大学との提携についてはこちらをご覧ください。

利点

  • 数個から数百万原子による構造まで拡張可能
  • セルフコンシステントなシュレディンガ-ポアソン・ソルバにより、原子レベルでのデバイス動作について、第1原理による理解が可能
  • 非平衡グリーン関数 (NEGF) ソルバにより、干渉および非干渉性散乱機構を含むI(V) 特性の高精度シミュレーションを実行
  • Mode-SpaceおよびBüttikerプローブなどの高度な最適化技術により計算にかかる負荷を低減
  • 結果を容易にTCADシミュレーションに入力することができ、古典および半古典的TCADシミュレーション・モデルに、十分調整されたパラメータを与えることが可能

用途

  • 先端CMOS、TFET
  • TMDなどの新材料を含む2次元材料デバイス
  • 量子ドットや量子井戸などの量子閉じ込めデバイス
  • FinFET、量子細線やスラブ構造における散乱効果を含む電子輸送
  • LEDを含む光学デバイス
  • トポロジカル絶縁体の研究
  • 試行的な新デバイス構造

関連資料




関連動画

ニュース

お客様の声

Coby Hanoch
 シルバコは、半導体企業で広く使用されている最先端デバイス・モデルおよびTCADツールを提供しています。我々の共同開発が成功したことにより、業界で最も強力なシミュレーション・ツール上で、WeebitのReRAMテクノロジにアクセスすることが容易になります。お客様は、新しく開発されたTCADモデルにより、製造においてコストと時間のかかる処理を省略しながら、次世代製品の開発およびリリースを速めることが可能となります。習得、開発、テストといった数ヶ月もの時間がかかるサイクルが今ではなくなりました。このことは、Weebitによるもう1つの重要なマイルストーンであり、より多くのグローバルなOEMカスタマの採用を加速します。 
四戸孝氏
 当社は全く新しい独自の製法により酸化ガリウムデバイスの開発を行っています。このような新規デバイスの開発を効率よく進めるにはデバイス・シミュレーションの活用が重要になってきます。今回シルバコのデバイス・シミュレータを採用するにあたり、シルバコの持つワイドバンドギャップ半導体に対する豊富な実績、パワーデバイスに対する深い知見が決め手となりました。今後の実用化に向けてGaO™パワーデバイスの開発が一層進んで行くものと期待しています。