• Viso

Viso 寄生素子解析/デバッガ

Visoは、配線の寄生素子による電気的特性を解析します。ナノメータ・プロセスでは、配線の寄生素子は回路の動作に重大な影響を及ぼします。これらの影響は、回路のゲイン、遅延、最大クロックレート、クロスカップリング、ESD保護のレベル、およびその他の機能に影響を与え、設計に支障をきたす可能性があります。 Visoの寄生素子に着目したアプローチにより配線の寄生素子の解析をすることで、迅速な問題点の特定が可能です。異なる抽出ネットリストの比較を正確に行い、タイミングの予測をすることができます。

特長

Visoは、ネットリスト中のどの寄生素子にも対応した優れた解析機能を提供します。

  • R、RC、RCC
  • 相互接続、基板、パッケージ

ショートおよびオープンの検出が可能で、特定のネットおよびネットのグループを指定して計算を実行可能です。以下のピン間の情報を計算します。

  • あるネット上のピン間の抵抗値と遅延
  • ネット間のカップリング、デカップリング容量のサマリ
  • あるネット内の、または複数のネットのピン間におけるS/Y/Zパラメータ

Visoは標準的な設計フローに統合可能です。

利点

  • ポスト・レイアウトの寄生ネットリスト、ネットおよびピン特性のマッチングに関する設計者の疑問に対して迅速に答えを提供
  • バックエンド検証サイクルにかかる時間を削減
  • 初回製造時の成功率を向上
  • グロス・エラーの早期発見
  • バックエンド・フローの効率向上:回路が接続性解析に成功したときのみシミュレーションを開始
  • ポスト・レイアウト・ツール・フローのデバッグ

用途

  • メモリ、アナログ、ミックスドシグナル、RF、タイミング

関連動画

ニュース

お客様の声

Cameron Fisher
 MSC has found SmartSpice™ to be an excellent value in terms of easy integration, debug run time and total cost of simulation. Support during our learning curve has been great. MSC will be using SmartSpice™ for all future memory complier development.