• 寄生リダクションおよび解析

概要

ナノメータ・デザイン・ノードでは、配線の寄生素子は回路の動作に重大な影響をおよぼします。これら先端プロセス・テクノロジ・ノードには、さらに高い精度が必要です。

シルバコの寄生ネットリスト解析ツールおよびリダクション・ツールでは、パフォーマンス、速度、精度すべてを兼ね備えています。シルバコは、アナログ、デジタル、RF、ミックスドシグナル、メモリ・デザインのポスト・レイアウト検証フロー全体をスピードアップさせる包括的な解析ツールを提供します。

Jivaroは、寄生ネットワークのリダクションに特化したユニークなスタンドアロン・ソリューションです。高い精度を維持しつつ、大規模な寄生素子が抽出された回路のポスト・レイアウト・シミュレーションを高速に実行します。

Visoは、ナノメータ・プロセスで回路の動作に重大な影響をおよぼすRC寄生素子ネットワークの電気的性質を解析します。これらの影響が、回路のゲイン、遅延、最大クロック・レート、クロス・カップリング、ESD保護レベルおよびその他の機能に影響をおよぼします。Visoの寄生素子に着目したアプローチにより配線の寄生素子の解析をすることで、迅速な問題点の特定が可能です。異なる抽出ネットリストの比較を正確に行い、タイミングの予測をすることができます。

Belledonneは、抽出ネットリストによるレイアウトの比較を行うために使用され、2つの異なる抽出ネットリストを比較するとともに、主にLPE (レイアウト寄生素子抽出)フローの認定に使用されます。

関連資料

関連動画

ニュース

ブログ

Customer Interview: Why I Rely on SmartSpice

お客様の声

Cameron Fisher
 MSC has found SmartSpice™ to be an excellent value in terms of easy integration, debug run time and total cost of simulation. Support during our learning curve has been great. MSC will be using SmartSpice™ for all future memory complier development.