シルバコ、新たに取締役会長を任命

カリフォルニア州サンタクララ発 – 2021年4月15日 – TCAD、EDAソフトウェアおよび設計IPのリーディング・サプライヤであるSilvaco Group, Inc.は 本日、Iliya Pesicの後任としてPierre-Yves Lesaicherreを新たに取締役会長に任命したことを発表しました。

Silvaco Group, Inc.の取締役会メンバで前取締役会長のIliya Pesicは次のように述べています。「シルバコは、製品ポートフォリオの拡大と顧客基盤の拡大により、著しい成長を遂げています。Lesaicherre博士のコーポレート・ガバナンスおよびテクノロジ企業における長年のリーダーシップは、国内外の半導体設計市場での事業拡大を目指すシルバコにとって非常に貴重なものです。Lesaicherre博士と協力し、彼の豊富な企業戦略とガバナンスの経験から受けられる恩恵を楽しみにしています。」 Pierre-Yves Lesaicherreは2017年11月から2019年10月まで、NanometricsのPresident、CEOおよび取締役会のメンバでした。彼は2019年10月25日に完了したRudolph Technologiesとの合併を通してCEOを務め、Onto Innovationを設立しました。Nanometricsは、主に世界各地の集積回路、センサ、ディスクリート・コンポーネント、高輝度LED、およびデータ・ストレージ・デバイスの製造に使用される高性能プロセス制御計測および検査システムのリーディング・プロバイダです。2012年1月から2017年2月まで、LumiledsのCEOを務めていました。Lumiledsは、20億ドルを超える収益を上げる世界的なライトエンジンのリーディング・カンパニであり、高品質のLEDコンポーネントを照明やコンシューマ産業の下流セグメント、自動車産業に供給しています。それ以前は、NXPのHigh-Performance Mixed Signal Business Unit, Microcontrollers & Logic Business LinesにてSenior Vice President兼General Managerを務めました。NXP以前は、日本のNECにて研究員、そしてプロセス技術開発マネージャーを務めていました。

Lesaicherre博士は、INSEADで国際ビジネスと戦略に焦点を当てたMBAを取得し、Grenoble Institute of TechnologyでMaterial Scienceの修士号と博士号を取得しています。NACD(全米企業取締役会)のGovernance Fellowであり、SVDX(シリコンバレー取締役会)のアクティブメンバです。

シルバコの新会長であるPierre-Yves Lesaicherreは、次のように述べています。「シルバコにとってこのようなエキサイティングな時期に、この役割を担えることを大変光栄に思います。半導体業界は、自動車、AI、IoT、5G、ハイパフォーマンス・コンピューティングといったアプリケーションに牽引され、大きな成長を遂げています。シルバコは、これらのトレンドの恩恵を受け、ビジネスを成長させることができる良いポジションにいます。シルバコの有能なチームと協力し、その成長を加速させ、将来への道筋を描くことを楽しみにしています。」

概要:Silvaco, Inc.

Silvacoは、EDAツールおよび半導体IPのリーディング・プロバイダです。先端半導体、パワーIC、ディスプレイ、メモリなどのプロセス開発やデバイス設計に使用される製品を提供しています。Silvacoは、これまで30年以上にわたり、お客様の次世代半導体製品開発において、期間短縮とコスト削減に貢献してきました。Silvacoは、世界的に高まるモバイル・インテリジェント・コンピューティングへの要求に応える革新的でスマートなシリコン・ソリューションを提供するテクノロジ・カンパニーです。米カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、北米、ヨーロッパ、日本およびアジアの世界各地に事業拠点を構えています。

本件に関してのお問い合わせ:
jppress@silvaco.com